800km歩いたら許してくれますか?

2016年、カミーノデサンティアゴ全行程を踏破。現在はきままにヨーロッパを周遊する21歳女子学生の日記。

31〜33日目、到着…そして

 

お久しぶりです。

ここ3日間はブログを更新する暇もないほど一日中歩き続けておりました(笑)

 

そして遂に昨日19時ごろ、

 

f:id:shioirikun:20161023223843j:image

 

出発地サンジャンから約800km、サンティアゴ・デ・コンポステーラに到着!!!

 

仲間と抱き合ってお互いを讃え合いました。

 

長かった…

毎日歩き続けて、33日かかりました。

間違いなく人生で1番よく歩いた1ヶ月です。

 

 

 

f:id:shioirikun:20161024082028j:image

泊まる宿ごとにスタンプを押してもらってきたクレデンシャルを提出して、巡礼証明書をもらいます。

 

 

f:id:shioirikun:20161024082153j:image

大聖堂で行われるミサに出席します。

 

 

f:id:shioirikun:20161024082645j:image

おいしい海の幸を味わい、夜通しお酒を飲みながら巡礼者同士、到着を喜びあいます。

 

 

f:id:shioirikun:20161024081846j:image

雨がやまないことで有名なガリシア地方ですが、幸運にも晴れのサンティアゴを見ることができました。

 

 

 

 

 

 …なんかめっちゃ淡々としてない!?

 

とみなさんお思いのことでしょう。

 

…私本人が1番思ってます。

 

 

 

なんか、全然実感湧かんへんし、結局旅の目的は達成されたのかも正直あいまいです。

 

綺麗に、"この巡礼で自分を許すことができました。新たな道が見つかりました。"

と言いたいところですが、現実そんなに簡単にはいきません。

あんなに毎日考える時間があったのに、振り返ってみると何も考えてなかったような。ただ、がむしゃらに歩いていただけのような。

 

ここまで無事に、諦めずにたどり着けたことは嬉しいです。よくやったと思います。

でも、これで終わりで、それでいいのか…?

 

というのが正直な今の気持ち。

全然まとまってないわ。こんなんブログに書いても誰も面白くないと思うんですが、記録としてね。(笑)

 

 

 

 

…さて

 

ということでもう少し歩き続けたいと思います。

 

大西洋まで。

最果ての地Fisterraまで。

 

あともう少し、自分と向き合おう。

 

28〜30日目、映画のような現実

 

どうも〜

音沙汰ないから、セブレイロで滑落して死んでるんじゃないか!?

と心配してくれたみなさん、ありがとう。(笑)

元気です。

 

ブログも書かずに何をしてたかというと、

 

 

 

 

f:id:shioirikun:20161020060620j:image

 

 

じゃん、テント泊です。

 

 

何故こんなワイルドなことになってるのか!?

ここ3日間を振り返っていきたいと思います〜。

 

 

 

一昨日、昨日とまたひたすら山道を歩いて、ついにセブレイロを抜けました。

拍手!!!おめでとう私!!!

 

ほんまに長かった…

下り始めた!下山かな!?

と思ったらまたすぐ上りに入ったり。

永遠に終わらなさそうな上りが続いたり。

一昨日は大雨で、寒さの中1日山をさまよってそれでも麓の町にはたどり着けず。

 

 

f:id:shioirikun:20161020060649j:image

想像して!!これの雨バージョン!!

誰やねんピレネーより楽とか言うたヤツ!!!

 

…私やな!!!

 

 

 

そんな中、立ち寄った山小屋でなんと5日ぶりぐらいにユーランと再会!! 

あまりの雨に出発を見送り待機してたところに、私が追いついたわけです。

 

 

そこで、韓国人の男の子2人組、ミンソクとハンジョウに出会ったんですが、この2人がかなりワイルド。

 

f:id:shioirikun:20161020060722j:image

なんと2年近くも世界中を自転車で旅してるんだとか。

 

「え〜!!すごい!!

モーターサイクル・ダイアリーズみたいだね!!(若き日のチェ・ゲバラの映画)」

 

と言ったら、

 

「え!?あの映画知ってるの!?僕も大好き!!」

 

みたいな話になって、そこからロードムービーの話題で盛り上がる私たち。

 

"イントゥ・ザ・ワイルド"はかっこいいけどラストが切なすぎるとか、自転車で長い坂を下る時は"LIFE!"のテーマ曲をかけてるとか。

 

私のお気に入りは"wild(私に会うまでの1600キロ)"という若干マイナーな映画なんですが、彼らはもちろん知ってて

「PCTを歩くやつでしょ!原作小説も読んだよ!!」

なんて言うもんですから、もう完全に意気投合です。

 

そこから山の中を私とユーランと2人の旅人と一緒に歩くことに。

 

そして、ミンソクの

イントゥ・ザ・ワイルドの世界を経験してみたくない??」

の一言により冒頭のテント泊へ…。

 

 

シャワーもネットもストーブもないけど、とっても素敵な世界でした。

 

f:id:shioirikun:20161020062125j:image

ご飯を炊いて、

 

 

f:id:shioirikun:20161020062423j:image

寒い中食べるサムギョプサルは最高!!!

 

 

私が「ほんとに映画みたい!!」

というと、

「映画じゃない、これが僕らの日常なんだ。最高じゃない?!」

という2人。

 

「君もそれだけロードムービーが好きなら旅に出なきゃダメだよ、一緒に行こうよ!!」

なんて言われて危うく頷くところでした。(笑)

 

 

f:id:shioirikun:20161020062707j:image

食事の後はお茶を沸かして、夜遅くまで火を囲んでおしゃべり。

彼らの旅の話や、軍隊にいた頃の面白い話なんかを聞かせてもらいました。

新しくできた仲間と、飲んで笑って、たくさん語り合う素敵な夜。

ほんまに貴重な体験や〜。

 

私の世界はまだまだ狭いなと感じる3日間でした。

 

 

 

f:id:shioirikun:20161020063353j:image

 

そして本日ついに、残り100キロを切りました。ほんまにあっという間に終わってしまう。

遊んでばっかりいないで、ちょっと真剣に自分の過ちと向き合って行こうと思う、今日この頃です。

 

いつかまた、あの頃の仲間とも笑って語り合えるように。

26・27日目、ラストミッション・セブレイロ

 

なんかB級映画みたいなタイトルつけてしまった…(笑)

 

でもほんとに、ラストミッションなんです!!このセブレイロの峠越えが!!

f:id:shioirikun:20161017032043j:image

 

 

 

ということで、ここのところはひたすら山の中を歩いております。

今にもアシタカがヤックルに乗って降りてきそうな山道です。

f:id:shioirikun:20161017032205j:image

 

 

 

午前は雨がひどく、レインコートを着込んでゆっくり進みました。

午後は晴れたんですが、足場がぬかるんで、滑って滑って…ドロドロです。

 

サンティアゴまで残り200キロということで、慣れもあり若干気を抜いてたんですが、簡単には行かせねーぞ、というわけですね〜。

 

このセブレイロはピレネーほどの急勾配はないんですが、なんせ距離が長い。地元では長距離クライムとして有名で、1日で越えることは不可能です。

 

ということで、今日は出発から35キロほど歩いて(セブレイロ自体はまだ10キロぐらい)、山間の小さな村に泊まることになりました〜。

f:id:shioirikun:20161017035501j:image

 

 

この村にはスーパーがなかったので晩御飯は贅沢にもレストランへ。

地元料理のお店で、びっくりするぐらい美味しかったです。

 

f:id:shioirikun:20161017035600j:image

カルド・ガジェゴ

冷えた体にとってもうれしい具だくさんのあったかいスープ。

 

そしてこれ!

f:id:shioirikun:20161017035713j:image

 名物、セブレイロチーズのハチミツがけ!!

もうこれが最高においしい!!!

買って帰りたい!!持って帰れない!!

というジレンマに苦しみました。

 

これに、パンと飲み放題のワインとメインディッシュのチキン(いやそれこそ写真とれよ)がついて10ユーロ。とってもお得。あ〜幸せ。

 

これで明日も歩けそうです。

 

 

峠越えでもっともきついのは上りではなく下り。

宿に戻って、巡礼仲間と明日の下山について話し合ったんですが、明日も予報は雨だそうです。みなさん、行程を変更して短い距離だけ歩くそう。

 

う〜ん私はどうしようかな。

とりあえず行けるとこまで進みたいな。 

どうなるかわかりませんが、ミッション・コンプリートに向けて、頑張りたいと思います!!!

25日目、私を許すのは神ではない。

 

今日、深い霧の中、険しい山を登ってついにあの地につきました。

 

そう、"Cruz de Hierro" に。

 

 

 

…いやどこやねん、て感じでしょうね!!

 

f:id:shioirikun:20161015060851j:image

"Cruz de Hierro"とは、カミーノデサンティアゴ終盤、巡礼路で最も標高の高いところに建てられたこの十字架の名前です。

 

このクロスの下に、自分が持って来た石を積むのが、だいだい巡礼者の習慣です。

(私も重いのを我慢して出発直後から石を持ち歩いてきてたんや〜)

 

巡礼者の持ち歩いた石は、その人が今までの人生の中で犯してきた罪を表しており、それをここに置くことで捨て去ることができるんだそうです。

 

仮にこの後に待ち構える難所、セブレイロ山を越えることができなくとも、ここまで自分の足で歩いてきたあなたを、神は許しますよ、というとても重要な地なんですね。

 

 

…ということで、私もちゃっかり石を置いてきたわけです。

 

みなさんもご存知のように、私が巡礼をする理由は、"罪を償って許されるため" です。

詳しくはこちらに↓

 出発前夜 - 800km歩いたら許してくれますか?

 

 

別に人生を変えたいとか、自分探しの旅とか、長距離ハイクが好きだ!とかそういうんじゃないんです。

むしろ長い時間歩くのは嫌いなぐらいです。

 

私は、許されるならなんでもいいんです。

ここで石を積んで、クロスに祈って、それで神様が許してくれるならそれでいいじゃないかと。

わざわざ険しいセブレイロを越えて、まだまだ遠くのサンティアゴを目指す必要があるのかと。

 

そう思いながら、今日ついに、クロスの足元に立ったわけですが…

 

 

 

うーん、やっぱりあかんわ…

 

たとえ神様が私を許しても、私はまだ私を許せない…許さない。

 

私が自分にした約束は、

"サンティアゴ・デ・コンポステーラまで歩ききれたら、あの時の自分を許す。"

ならそれまでは、誰が私を許そうが、それが神だろうが、私にとっては意味がない。

 

 

と気づきました。

 

私を許して、未来へ進むことを認められるのは私だけなんです。神様にはできないんです。

 

だから明日も歩きます。

歩き終わったら、過去を清算…はできないけど受け入れて、次のステージに進めるように。

そういう新しい私を、私が認められるように。

 

 

f:id:shioirikun:20161015060954j:image

そんな決意もあらたに、山々を見下ろせるぐらい高いところを歩いたら気持ちが良かった(笑)

24日目、気づけば残りは

 

さ…さむい…

 

持ってる服を全部着込んでも寒い今日この頃。

 

f:id:shioirikun:20161014043907j:image

ただいまアルベルゲの暖炉の前で暖まりながらブログを書いております。

 

巡礼路が11月からオフシーズンとなるのはこの寒さ故ですね〜。(多くのアルベルゲが休業するらしいので、冬に行かれる方は注意!)

来週のセブレイロ登山が心配です。

果たしてウルトラライトダウンだけで何とかなるのか!?

頑張ってくれユニクロ!!信頼のジャパニーズプロダクト!!

 

 

さて、本日はアストルガから22キロ、ラバナル・デル・カミーノまで歩きました。

 

f:id:shioirikun:20161014035616j:image

昨日と打って変わって、気持ち良い秋晴れです。

 

 

 

 

f:id:shioirikun:20161014035949j:image

どうやらまた山岳地帯に入ったようで、林の中を登っていきます。もはや林のガサガサ音にも恐れを感じず突き進む、強いハートを手に入れています。まぁ、昼間は大して怖くないよね。

 

 

 

f:id:shioirikun:20161014040202j:image

途中ベンチで朝ごはんを食べてたら、ノラ猫に急襲されました。

朝ごはんのフランスパン、持っていかれました。悲しい。

 

 

 

昨日、ユーランと別れたので今日はまたずっと1人。ちょっとさみしい。

 

まぁでも宿についたら誰かおるやろ〜

と思ってたら

 

f:id:shioirikun:20161014040444j:image

誰もいませんでした!!!

さみしい!!!!

 

 

 

 

f:id:shioirikun:20161014040614j:image

宿併設のバルで食べた、晩御飯のサラダがとてもおいしかったです。

貧乏巡礼者は、パンとかハムとかチーズとか、フランスパンとかフランスパンとか、どうしても持ち運びやすくて腐りにくいものばかり摂取してしまうので、たまに食べる新鮮な野菜のおいしさは格別。

残念ながらスペインでは、日本の"キューピー〇〇〜〜ドレッシング"みたいな贅沢で繊細なお味のドレッシングは殆ど見かけません。

どこで食べても、サラダにはたっぷりのオリーブオイルと塩と酢。

でもこれが意外と美味しくて癖になるんです。

多分、日本に帰ってもやっちゃうと思うわ〜。

さよなら我が愛しのキューピードレッシング…。

 

 

そして今日、バルのおばちゃんに、サンティアゴまで残り250キロということを教えていただきました。

はやっ!!!!もう250キロ!!?

 というのが正直な感想です。

まぁ24日目やもんな、歩き始めて1ヶ月弱経ってるもんな。

早いなと感じる一方、ピレネーの悪夢はもはや1年ぐらい前のことのように思える、そんな不思議な感じです。

 

 

 

なんか1日をザッと振り返るだけの記事になってもーたわ(笑)これぞ日記やな。

 

 

 

さてさて明日はついに"あの場所"に辿り着く予定。

神聖な気持ちで、挑みたいと思います。

おやすみなさ〜い

23日目、休日

 

夜中3時、ベッドの上で分厚い寝袋にくるまってるにも関わらず、あまりの寒さに目が覚めました。

持ってる衣服を全部着込んで再度就寝。

かさばって邪魔だった防寒具類、ほんまに捨てなくてよかったー…。

 

今朝聞いた話によると、気温はなんと3℃だったらしいです!!ひょえー!!

 

更に今日はあいにくの雨。

巡礼者に傘を持つ余裕はないので、レインコートを着込んで出発です。

f:id:shioirikun:20161013021637j:image

完全にモンスターです。

 

 

小一時間ほど歩くと、アストルガに到着!!!

 

f:id:shioirikun:20161013021735j:image

カタルーニャが生んだ天才、アントニ・ガウディの司教館がおどろおどろしくそびえ立っております。

 

 

そしてなんと私は、あまりの寒さに本日はここでリタイア!!!

総歩行距離4キロ!!!(笑)

おい、甘えんな!!という指摘はうけつけません!!!!

今日は休息日に決定したんや!!!

 

ということで、ユーランと近日中の再会を誓いあい、お別れ。

巡礼路では仲間意識も大切ですが、個人のペースが最も尊重されます。

止まるも進むも、各々が自分で決めなければなりません。

 

 

寒いのもそうなんですが、もう一つ、ここに留まることにした理由が。

 

なんとここアストルガは、甘党の聖地。

チョコレートとケーキの町なんですね!!

 

f:id:shioirikun:20161013022557j:image

たいして大きくない町ですが、チョコレート屋さんとケーキ屋さんが100メートル間隔でひしめき合ってます。

糖分大好きな私にとっては夢の町。

 

 

f:id:shioirikun:20161013022718j:image

 

f:id:shioirikun:20161013022920j:image

店頭に並ぶたくさんのチョコレート。

 

f:id:shioirikun:20161013022935j:image

残念ながらこれ以上荷物を増やすわけにはいかないので、小さいものを一つだけ購入。

味は…

まぁ普通のチョコレートやわ(笑)

 

f:id:shioirikun:20161013023106j:image

そしてケーキ屋さん。

  

とても多いので、どこに入ろうか迷ってしまう。

 f:id:shioirikun:20161013022723j:image

f:id:shioirikun:20161013023354j:image

はぁ〜おいしそう…

 

結局何軒かハシゴしたんですが、1番美味しかったのはシンプルなこれ。

f:id:shioirikun:20161013024638j:image

クリームたっぷりで最高でした〜。

 

 

さらに町を探索してると小さな映画館を発見!!(謎に行列してる)

 

f:id:shioirikun:20161013024833j:image

 

なんと上映してるのは私の大好きな映画、"EL ORFANATO-永遠のこどもたち-"の監督、J.A.Bayonaの最新作!!

f:id:shioirikun:20161013025209j:image

あかんこれは観るしかない!!

 

…ということで今から並びたいと思います。

 

いや遊んでないで歩けよ!!!

って感じですね。

…自分でも思ってるわ!!(笑)

 

まぁたまには、巡礼者にも休日があっていいじゃない。

なんて、甘いかな?

 

 

 

 

明日はまた早く起きて歩くから!!

今日だけ許して〜

 

な1日でした。

21・22日目、迷う(いや人生にとかそういうかっこいいやつじゃなくて)

 

きょうの〜わんこ(野生)〜

 

f:id:shioirikun:20161011042555j:image

 

 

…でっか!!!!目ぇ怖っ!!!!!

 

でもお行儀よくて、噛まれなさそうだったので思い切って写真を撮らせていただきました(笑)

ブエンカミーノ、わんこ。

 

 

 

ということで、昨日は後ろ髪引かれながらもレオンを出発、また黙々と荒野をいく1日となりました。

 

韓国人のユーランと2人で出発。

3日ほど前、初めての1人海外で絶賛ホームシック中の彼女と出会いました(笑)

同い年のひとり旅ということで仲良くなり、しばらく一緒に歩くことに。

(彼女の英語もお世辞にも上手とは言えず、私たちはガッタガタの英語でコミュニケーションとってます。)

 

朝、ちょっとレオンを観光したこともあってスタートは11時。

なので、次の町までほんの(?)7キロだけ、進むことに。

 

しかし…

 

これがいつまで経っても目的の町が見えてこないんですね…

 

 

おかしいぞ…もう夕方の6時やぞ…

7時間も歩いてんぞ…

 

と、かなりの不安を感じながら歩きます。

 

人間、自分の進んでる道が正しいと信じてる時はがんがん勢いよく進んでいけるもんですが、

「この道…ほんまにあってる…?」

と疑いだすと、途端に歩みが遅くなりますよね〜。

何度も立ち止まりながら、後ろを振り返りながら、他の巡礼者の気配を探しながら、おそるおそる進む私とユーラン。

 

1人じゃないから大丈夫や!!!

とお互いを励まし合います。 

仲間の存在ほど心強いものはありません。

 

 

そしてついに、地元人らしいおじいさんを発見!!

 

私「すいません!!ここどこですか!!」

 

おじいさん「オルタナティブ・ウェイ」

 

 

…お…オルタナティブ・ウェイ…やと…?

 

 

そうなんです、なんとよくわからんうちに、正規ルートではない道に迷い込んでいたんですね!!!

おいしっかりしてくれ黄色い矢印!!

君だけが頼りやのに!!

 

f:id:shioirikun:20161011235053j:image 

 (いやおしゃべりに夢中で見落とした私らが悪いねんけどな)

 

 

 

ということで昨日はやっとのことで見つけた田舎の名前もわからん村に宿泊。

でもすごく素敵なとこやったし、ちゃんと巡礼者用のアルベルゲもありました!

f:id:shioirikun:20161012000534j:imagef:id:shioirikun:20161012000547j:image

壁にはたくさんの巡礼者たちの言葉が。

(みんなオルタナティブ・ウェイ迷いこみすぎやろ)

 

2人でレオンのスーパーで買っておいたサラダやフルーツを夕食にし、

 

夜は私たちしかいない庭で、満天の星空を眺めました。

カップルか。

 

 

f:id:shioirikun:20161012001029j:image

とってもきれいな朝焼けも見れました。

 

 

 

しかし、

回り道も悪くないよね〜。

なんて仲良く言い合ってられたのもここまで。

 

今日は、正規ルートに戻るべく歩き始めたのですが…

どこ歩いてんねんこれ!!!!

という道が続きます。(笑)

 

f:id:shioirikun:20161012001301j:image

 ひたすら続くコーン畑。

 

f:id:shioirikun:20161012011725j:image

ひたすら続く線路沿い。

 

 

もはや未だオルタナティブ・ウェイなのか、もう正規ルートに戻っているのかもわからない私たち。

矢印が全然見つからず焦る私たち。

計画した街にたどり着けない私たち。

2人だから大丈夫だよ!を繰り返す私たち…

 

 

そして午後5時30分、結局本日も目的の町アストルガにはたどり着けず(笑)

 

 

f:id:shioirikun:20161012002032j:image

さびれた感じのホステルに宿泊することに。巡礼者用2段ベッドが1泊6ユーロや。(750円ぐらい)

 

ホステルはガラガラでしたが、部屋に入ると、なんと私の大好きなスペイン人のおばちゃん、ロサマリアが!!

数日前に少し一緒に歩いて以来の、偶然の再会をはたしました。(宿泊客はなんと彼女と私たちのみ!)

 

スーパーもない町だけど、ユーランとロサマリアの3人でホステルのレストランで夕食をとり、尽きることなく色んな話をして笑いました。何一つ予定通りに行ってないけど、幸せな夜でした。

 

 

さてさて、昨日今日と50キロほど歩いてようやくオリジナルルートに戻ってこれたようです!

(どのタイミングで戻って来たのかは不明)

 

 

アストルガはもう目の前!!

明日もキープマイペースで頑張るで。