読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

800km歩いたら許してくれますか?

2016年、カミーノデサンティアゴ全行程を踏破。現在はきままにヨーロッパを周遊する21歳女子学生の日記。

20日目、欲望渦巻くレオン

 

つ〜い〜に〜

 

レオンについたああああ!!!!!

ふぅううううう!!!!

 

f:id:shioirikun:20161010050444j:image

 

レオンを代表する大聖堂を目の前にしたときの感動と言ったら…(涙)

ようやくたどり着いたでビッグシティ!!!!

 

f:id:shioirikun:20161010052328j:image

 

と、めちゃくちゃ盛り上がってますが、まだまだ旅の途中でした(笑)

でも、知らん間に残り半分を切ってます!!

情報が不足しすぎて、あと何キロ歩けばいいのか全くわかってないけど!!!

 

 

なんと、ブルゴスに続きレオンでもタイミングよくフェスティバルに遭遇。 

 f:id:shioirikun:20161010052615j:image

 たいへんな人混みです。大通りだけでなく、小さな裏路地にまで屋台が並び、すごい活気!

やっぱりステキやわ、スペインのフェスティバル!!

 

さてさて私たち巡礼者も、洗濯とシャワーを済ませたら街に繰り出しますよ〜。

 

ず〜っと何もない田舎道を歩いてきた我らにとって、この活気溢れるたべものの屋台たちほど魅力的なものはありません。

 

f:id:shioirikun:20161010053255j:image

f:id:shioirikun:20161010053354j:image

なんておいしそうなお肉なのかしら!!

 

もはや私に"巡礼者"なんて神聖な表現はまったく似合いません。

欲望の化身です。食欲の権化です。

 

ということで、本日の宿で一緒になった仲間たちと、何軒も屋台をハシゴし、飲んで食べて踊って、大変盛り上がる夜となりました。

あ〜幸せ。

 

 

 

さてさて話は変わりますが、アルベルゲには放出品箱というのがあります。巡礼中、必要なくなったもの、重くてもう持っていけないものを置いていく箱ですね。(反対に必要なものは、そこから頂くこともできます。)

 

今日のアルベルゲの放出品箱には、いらなくなった"モノ"以外にも色んな"気持ち"が捨ててありました。

 

f:id:shioirikun:20161010054235j:image

 

箱の上のイラスト付き看板には、

"あなたの重荷になるものは、ここに捨てていきなさい"

...と書いてあります(訳にあんま自信ないけど)

 

そしてその下の青い文字たちは、巡礼者のいらなくなった、捨てたい気持ちですね。

悲しみ、怒り、罪、イラだち、鬱、限界…

 

そして、1番大きく書かれた"Miedos"とは、"恐れ"です。

 

日の出前の暗闇も、ずっと1人の荒野も、ヘビや野犬の潜む森も、恐れずに進まなければならない。

そんな巡礼者の気持ちがすごく感じられました。

私もここで捨てとくわ、恐れ。

 

 

 

残りも僅か…ではないけど、少なくなってきました。

恐れずに、ここから先も進んでいけますように。

いや、進んでいきます。